財産隠しはタブー

任意整理の場合は無関係で、個人再生の場合は基準が甘いので、大した問題とはならないものの、債務整理の手段を自己破産にするのであれば、財産隠しは禁忌の一つです。

裁判所に破産の申立をする際、持っていてよい現金と資産は法で上限の取り決めがあります。基準の外に出る分は処分しなければなりませんが、隠していた事が露見した時は免責が認可されないのはおろか悪ければ詐欺罪の疑いをもたれてしまいます。 借金がだんだん多くなり、もう自分では返せない場合に、債務整理を実施します。
借金の額が多く返せなくなってしまった人は弁護士事務所や司法書士事務所で話を聞いてもらいましょう。
そうなると、裁判所で弁護士と債権者、裁判官が解決策を考えます。月にどのくらい返すできるかなどを検討し、それからの月々の返済額が決められます。自己破産をする折、身の回りのものや生活を建て直すための微々たる費用の他は、明け渡すことになります。

自宅、土地などの資産以外に、ローン返済中の車も譲り渡さなくてはなりません。

とは言え、他の方が支払いを引き継ぐ事に、債権者が了承すればローンを返すするのと同時に所有も許されるようになります。

立とえ、人には言い辛い内容であっても、弁護士に財産や債務をごまかしたりするようなことはNGです。

互いの信頼関係に関わります。本来であれば、自己破産はこのまま返すをつづけていても完済できる見込みがないということを法的に立証するりゆうです。

返済能力に偽りがあれば、債務整理も自己破産もできないうえ、債権を放棄した会社も納得しません。このように、嘘をつくとご自身にとって非常に不利な状況になるため、間違っても嘘をつくようなことはしないで下さい。 借金返済 コツ

あわせて読みたい